AGA治療で若々しさを取り戻す作戦〜クリニック選び〜

医者

ホルモンの影響を抑制する

治療

抜け毛によって悩まされる人は多くいますが、頭皮が薄くなる箇所はほとんどの場合大きく二つに分けられます。頭頂部が薄くなる人と、額が後退する人に大別することができるのです。症状にパターンがあるとすれば、抜け毛に悩む多くの人には共通する問題があると考えられます。近年の研究により、この頭頂部の薄毛、額の後退は男性ホルモンが影響を与えていることが発覚しており、AGAと呼ばれる症状が多くの男性を苦しめている原因であることが判明しているのです。AGAは、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンが影響しています。このジヒドロテストステロンは5αリダクターゼと呼ばれる酵素によって生成され、毛母細胞の発毛サイクルを乱すとされています。毛母細胞は髪を成長させる時期と髪を作り出すことをストップする時期を交互に繰り返しますが、このジヒドロテストステロンはこのサイクルを乱し、多くの毛母細胞に発毛をストップさせてしまうのです。この特殊な男性ホルモンは、頭頂部と額に多く作られる傾向があるので、AGAとなるとこの二つの部位の抜け毛が目立って現れるようになります。このAGAによる治療を受ける場合、ジヒドロテストステロンの生成を阻害させる必要があります。AGA治療薬の中にはこうした機能を持つ薬があるので、服用することで抜け毛による症状を抑制させることができるのです。

AGA治療に効果的な治療薬として、プロペシアが挙げられます。プロペシアは、ジヒドロテストステロンを生成する5αリダクターゼの働きを阻害する効果があります。酵素の働きを抑制することで、抜け毛を進行させるジヒドロテストステロンの量を効果的に減らせるので、高い改善効果を得ることができるでしょう。現在では多くの育毛クリニックでこの治療薬を手に入れことができるので、AGAの治療を行ないたい人であれば、この治療薬の処方を医師に相談するとよいでしょう。

Copyright© 2015 AGA治療で若々しさを取り戻す作戦〜クリニック選び〜All Rights Reserved.